腰痛なのにフルマラソンの練習

腰痛なのにフルマラソンの練習

フルマラソンの練習は、焦らず着実に行うことが大切です。
フルマラソンというと、とにかくたくさんの距離を走るというイメージがありますので、練習でも無理をして走ろうとする方が多いです。
しかし、フルマラソンの練習で「がんばりすぎ」は禁物です。
なぜなら、練習をがんばりすぎて怪我をしてしまい、フルマラソンを辞めてしまう方が多いからです。
フルマラソンというと、ただ走っているだけのように思われますが、練習で怪我をする方が多いように、コツが必要になります。
フルマラソンのコツとは、ようするに体作りをしっかりするということです。
フルマラソンの練習とは、体作りのためのトレーニングということができます。

 

フルマラソンの練習では、最初は走らずにウォーキングをしましょう。
いきなり走って怪我をすることを防ぐという意味もありますが、フルマラソンの正しいフォームをウォーキングで身に付けるためでもあります。
フルマラソンは長時間の運動になるので、なるべく効率的に体を動かす必要があります。
フルマラソンの練習では、筋トレなどをして基礎体力を高めることも大切ですが、正しいフォームを練習しないとタイムはあまり伸びないでしょう。
フルマラソンの練習を始めたら、最初の1ヶ月間は無理にジョギングしようとせず、体作りとフォームを身に付けることに専念しましょう。

 

 

 

 

 

フルマラソンの練習を始めても、最初のうちは体の変化を実感できず、もどかしく感じると思います。
そのような時は、フルマラソンの距離やタイムを測り、練習の成果を数値化しましょう。
特に1ヶ月目が過ぎたら、ウォーキングからジョギングにステージアップする方が多くなるので、距離やタイムの重要性が高まります。
フルマラソンの練習では、決して無理をする必要はありませんが、ある程度成果について意識すると、やりがいを感じることができるでしょう。
フルマラソンの練習をしている方は、今日は家の周りを一周するのに何分かかったか、試しにチェックしてみましょう。
短時間で走れるようになったら、さらに距離を伸ばすことで、少しずつフルマラソンの本番に対応できるようになるでしょう。
フルマラソンの練習では、一度に長時間走れなくても、何回かに分ければOKです。
フルマラソンの練習がどのくらい必要かは人によって異なりますが、大体3ヵ月間以上続けてから本番にエントリーする方が多いようです。

敏感肌